Yoshiki Yokota@rocaniiru

入蘆花(ロカニイル) 主宰 | Gallery + Antique / Tea
| 京都 | わたし自身を茶寮と見立てれば。

https://rcnir.com/

北京の旅から帰宅し。

茶譜:
千年古樹普洱

水:
京見峠の山水

#お茶 #水 #自然茶 #中国茶 #普洱茶 #入蘆花 #ロカニイル


2

茶水考 水的重要性

江戸時代の黄檗宗の僧であり、茶人として知られる売茶翁は、煎茶を振る舞う際、水源から近い場所を選び、山水や川水などを好んで用いていたという文献が残っています。中国茶でも山水や清流水を良しとする考え方がありますが、これは流水の生命力に基づくものであると以前とある方に教えて頂きました。(水と同様、湯を沸かす火についても、火柱が上がるものを良しとするようです。)

これらは一聞すると、超自然的であったり霊的であったり、少し飛躍したもののように聞こえますが、百聞は一見にしかずで、実際に試す中で腑に落ちるものがありました。売茶翁の生きた京都ではなく、現代の京都で暮らす私にとって、「暮らしのなかの茶」を実践する上で、こういった素朴なことに向かう一手間は必要なことのように感じています。同様に水場についてもなるべく「近場で縁のある水が良し」としたいところですが、そう単純には言えないところが、悩ましいところです。

さて、命の濃い土地で素朴で昔ながらの製茶工程を経た茶葉のなかには、時に香りも控えめで特徴の無い、ただただ朴訥とした味わいのものがあります。飲み慣れない方には、そのまま無意識へと流れていくようなものですが、初飲でそのお茶の体感や背景に気づく方も稀にいらっしゃいます。お話を伺うと、そうした人の背景にはやはり、学びたくなる暮らしぶりがありました。美味しいとは、とてもとても奥深いものなんですね。

体に取り入れる生命力は古代以前のそれには遠く及ばない現代で、放っておけば、口にするものに対してもどんどん鈍感にならざるを得ないのですが、なんとか感受性を一定水準保つ為に、本などで先達の知恵を得て、今では時々断食を取り入れるようになりました。断食後は匂いや味に敏感になるとよくいわれますが、それは鈍感になった身体がリセットされるからかもしれませんね。断食後の回復食で頂く、素朴な大根の素晴らしさにびっくりことがありました。お茶の旅もかつては普通にあったような豊かさに出合う旅なのかもしれません。



#茶学 #お茶 #水 #自然茶 #中国茶 #岩茶 #入蘆花 #ロカニイル


9

京見峠の山水と岩茶を楽しむ夕方。
二人茶。

茶譜:
正岩肉桂
不知年佛手

水:
京見峠の山水

#お茶 #自然茶 #中国茶 #岩茶 #入蘆花 #ロカニイル


8

茶壺(茶入)を考える。茶ノ旅で出かけた中国でとある茶人のお宅にお泊まりさせていただいた時に、廊下を埋め尽くす茶壺に感動し、以来私も大きな茶壺を使うようになりました。日本の葉茶界隈ではあまり馴染みのない大型の茶壺ですが、長期熟成中の自家蔵茶や日々使いに選んだお茶を入れています。

毎朝大きな茶壺を抱え、少しだけ茶葉を取り出し、茶即に移します。これは楽しいひとときなのですが、先日その様子を見た友人に笑われてしまいました。

写真は高さおおよそ35cmから40cm程の茶壺たち。中国の古物からオランダ17世紀デルフト、古備前まで、趣味は様々。現在全て茶葉を納めています。


#茶入 #お茶 #自然茶 #中国茶 #入蘆花 #ロカニイル


13

為花蓮祈福

某茶室で開催された株主総会にてお茶席の亭主をさせて頂きました。
お茶室の屋根を叩く雨音と湯瓶の音色がしていました。


茶譜:

“気泡茶”
#鳳凰山 #鳳凰単叢 夜来香
#鹿谷 李家 貴妃烏龍

“結び茶” 
#自然生態茶 白毫烏龍茶 17 #冬片
鳳凰山 鳳凰単叢 宗種 17 冬片
#京都帝釈天の水(南丹)

他
#大禹嶺白茶


床:
#茶台 和紙貼箱
敷物 土染布
敷物 #古和紙#急須 #山崎さおり 銀彩後手急須
#茶船 銀彩菓子皿
香皿 #17世紀デルフト皿#花器 12世紀ドイツ小壺

#茶会 #茶室 #お茶 #自然茶 #中国茶 #入蘆花 #ロカニイル


15

頂きものの武夷山 正岩 佛手。

滋味豊富な薬葉茶。ふんわり纏わる岩韻。
喉からお臍のあたりにこっくりと落ちていくのが心地よいので眠りたくなった。

#お茶 #自然茶 #中国茶 #岩茶 #入蘆花 #ロカニイル


3

昨秋、茶ノ旅で巡った広東省潮州鳳凰山。この地は一説では武夷山と並び烏龍茶の発祥の地とされています。

茶史深いこの地で出会った素朴な無農薬の放置野茶園には、代々受け継がれた昔からの製法で、丁寧なお茶作りをされている茶農の姿がありました。色々おしゃべりする中で、少量ですがもうすぐ冬茶の雪片を色々作るよというお話をされていたのですが、それらが先日、唐突に届き、ここのところ、毎晩のように試飲しています。

春茶のような複雑な芳醇さはなく、淡く静かに体に染み入ってくるような繊細な雪片達。シンプルな風味に先ずそれぞれの品種特有の特徴があり、その奥に、鳳凰鎮特有の茶葉の風格が確かに感じられます。そのような、茶樹や土地の存在感を思わせるものを、(造語ですが)茶気がある、などと言ったりしています。心を豊かにしてくれるお茶達でした。飲み終えた茶壺の蓋をあけ、目を閉じ香りをかげば、目前にあの野茶園が蘇るようです。

しかしここ最近は無邪気に喜んでばかりもいられなくなってきました。このような自然は、どんどん失われています。危機的状況です。



 茶譜
 ------

鳳凰単叢 雪片 大島叶
鳳凰単叢 雪片 玉蘭香
鳳凰単叢 雪片 稲花香
鳳凰単叢 雪片 八仙
鳳凰単叢 雪片 蜜蘭香


#お茶 #自然茶 #中国茶 #鳳凰単叢 #入蘆花 #ロカニイル


5

満ちる月。三杯。
今年も帰京の友人と月見夜茶を楽しみました。


茶譜:
鳳凰単叢 東方紅
鳳凰単叢 雪片 八仙
鳳凰単叢 雪片 銀花香


#満月 #茶会 #お茶 #自然茶 #中国茶 #鳳凰単叢 #入蘆花 #ロカニイル


5

茶会記。ウラグノアソビにて。

お茶の後は感謝だけが残る一日でした。

お茶会を丁寧に企画するという、とてもいい経験ができました。

何より、一つの席の為に一丸となる。そういう面々で一緒に会を作れたことを嬉しく思います。

そして、やっぱりお茶が好きだなぁとしみじみ思いました。

茶譜 
--------------------------------
「一ノ席 “茶気を纏う”」
-------------------------------- 

<碗>
高定石老師 自然野茶 定美 白毫烏龍 

<茶壺>
武夷山 碧石岩 正岩奇蘭 

--------------------------------
「二ノ席 “山の韻、岩の韻”」
-------------------------------- 

<茶壺>
烏東山 宋種鳳凰単叢 

<蓋碗>
武夷山 馬頭岩 正岩肉桂 

--------------------------------
「三ノ席 “傾倒”」
-------------------------------- 

<滴注杯>
鹿谷隠遁茶人 一滴ノ茶酢 

<茶壺> 
鹿谷隠遁茶人 自然野茶 金萱烏龍 

-------------------------------- 
水 錦天満宮 錦の水 -------------------------------- 
菓子 つる かめ わらび
千本玉壽軒 
-------------------------------- 

香譜

香木 沈香
禾青 沈香
碗 十九世紀仏カフェオレボウル
香炉 古錫卍文香炉 

-------------------------------- 

床

茶台 枯木茶台
碗 八世紀早期高麗碗
茶壺 孟臣壺 大紅袍泥
滴注器 十九世紀仏鬱金香形アブサン杯
茶海 林永勝老師片口
煮水急須 山崎さおり作(入蘆花仕様)

他 

--------------------------------

日付 2018年1月28日
場 ウラグノ 
席主 横田 善紀(入蘆花)

#茶会 #ウラグノ #お茶 #自然茶 #中国茶 #台湾茶 #岩茶 #鳳凰単叢 #高定石 #入蘆花 #ロカニイル


7

これまで入蘆花で歩んできた”茶の旅”。台湾の各地の茶産地、中国は武夷山や鳥棟山を巡る旅。その旅では茶人や茶農、お茶の周辺を生きる人々との交流がありました。

明日はいよいよウラグノでのお茶会です。縁あって集まった茶気立つ茶葉たち。その中から、三席とも私にとって特別な思いのあるお茶を選びました。

私自身がお茶に取り組んできた時間。心に焼き付けた色々なこと。全て血肉として、まだまだ未熟な私ですが、明日は楽しみたいと思っています。

オファー頂いた堀内さん、素敵な場を与えて下さったウラグノ大野さん、会を一緒にサポートして下さる皆様、茶人高定石老師(白毫烏龍 定美)、岩茶研究家兼蒐集家ジュウ老師(正岩茶二種・単叢)、憨人書院sam老師(沈香)、大茶坊主熊さん、心より感謝です。

#お茶 #中国茶 #武夷山 #茶ノ旅 #入蘆花 #ロカニイル


2

山で頂いて来た命。
古備前波文壺に。壺尻からじんわりと水が滲みよい風合いです。

#花入 #古備前 #投げ入れ #入蘆花 #ロカニイル


5

The end of the page