そうだ京都行こう@soudakyoto_official

「そうだ 京都、行こう。」公式アカウントへようこそ!京都に関するみなさまの投稿を、一歩踏みこんで解説、ご紹介していきます。25年を振り返る特別コンテンツ公開中!詳しくは↓こちらから↓

souda-kyoto.jp/25th/

183 posts 111,763 followers 0 following

そうだ京都行こう

そうだ 京都、行こう。SINCE1993
1995年秋 #源光庵

私は宇宙を、
友人は人生を、
考えていたのでした。

紅葉が教えてくれたのは、
季節だけではありませんでした。

1995年の出来事。
・野茂が米大リーグで活躍 新人王も獲得。
・九州自動車道が全線開通。

#そうだ京都行こう #京都の旅 #京都 #kyoto


3

そうだ京都行こう

そうだ 京都、行こう。SINCE1993
1995年秋 #南禅寺

日本史という額縁に、
一九九五年の紅葉がおさまっていました。

木々が色づくことまで歴史上の出来事なんですね、この町では。

1995年の出来事
・お台場と都心を繋ぐゆりかもめが開業。
・「ベル友」が流行。

#そうだ京都行こう
#京都の旅 #京都 #kyoto


14

そうだ京都行こう

そうだ 京都、行こう。SINCE1993
1994年秋 #神護寺

紅葉が見事、
というだけでは
名所になれないんだそうです。
京都では。

紅葉の中で暮らす人がいて、
紅葉の中で微笑む仏様がいて、
ただもんじゃないな、京都の秋は。

1994年の出来事
・関西国際空港が開港。
・各地で記録的猛暑。
・「コギャル」がブームに。

#そうだ京都行こう 
#京都の旅 #京都 #kyoto


20

そうだ京都行こう

そうだ 京都、行こう。SINCE1993

2018年秋 #一休寺 「1200年たっても、人間はそんなに変わらない」
京都に25年通い続けた旅人の声が聞こえた。

今秋の新CMは一休寺。正式には「酬恩庵一休寺」。とんちばなしで有名な「一休さん」のモデルで、大徳寺の住持となった高僧一休宗純が88歳まで過ごした終の住処。総門をくぐった参道の両脇は、秋には紅葉で真っ赤に染まります。

次回投稿よりこの25年の京都の秋を振り返ってみたいと思います。お楽しみに♪

#そうだ京都行こう
#京都の旅 #京都 #kyoto


50

そうだ京都行こう

【告知】もみじのリフレクションが美しい瑠璃光院。年に2回しか公開されない紅葉の名所です。昨年初開催し、大好評をいただいた秋の「瑠璃光院夜間特別拝観」を今年も人数限定で開催します。10月18日の一般発売開始に先駆け、エクスプレス予約会員とスマートEX会員の方には先行販売をご案内しています。「八瀬もみじの小径」のライトアップと、叡山ケーブルのナイター営業も合わせて実施します。秋の夜長に、美しく照らし出されたもみじを楽しんでみては?
〈瑠璃光院夜間特別拝観と八瀬もみじの小径ライトアップ〉
・開催日は11月10日(土)、11日(日)、17日(土)、18日(日)、19日(月)、21日(水)〜12月2日(日)の17日間
・瑠璃光院の夜間特別拝観は各日第1部18:30〜19:30(110名定員制)、第2部19:45〜20:45(110名定員制)
・瑠璃光院夜間拝観の拝観料と叡山電車・叡山ケーブルの往復乗車券をセットした旅行商品としてジェイアール東海ツアーズが販売
※エクスプレス予約会員およびスマートEX会員の方向けの先行販売案内です。先行申込みサイトは、EXサービスにログイン後の「お知らせ」メニュー欄をご確認ください。
※スマートEXなら、クレジットカードと交通系ICカードをお持ちであれば年会費無料でカンタンにご登録頂けます。会員になられていない方も、この機会にぜひ登録してみてください。

#そうだ京都行こう #瑠璃光院 #京都の旅 #叡山ケーブル #八瀬 #八瀬もみじの小径 #京都 #kyoto


25

そうだ京都行こう

そうだ 京都、行こう。SINCE1993
#もう一度京都を歩きなおす

25年間、”旅人”としてCMのナレーションを担当してくださった長塚京三さん。この秋で、「最後のナレーション」となります。
長塚さんと共に歩んだ25年間の「そうだ 京都、行こう。」を振り返るポスター展示会を、次の都内3会場で開催中です。
・spiral エスプラナード 10/9~10/16 (最寄駅:表参道駅)
・行幸地下ギャラリー 10/9~約1ヶ月間 (最寄駅:東京駅)
・東京サンケイビル ブリックギャラリー 10/10~10/26 (最寄駅:大手町駅)

詳しくは、プロフィール欄からリンクをご覧ください。

#そうだ京都行こう


84

そうだ京都行こう

そうだ 京都、行こう。SINCE1993
#25年分の京都

はじめての「そうだ 京都、行こう。」は、25年前の秋でした。
この秋、25年の感謝を込めて、「そうだ 京都、行こう。」25周年特設サイトを作りました。
本キャンペーンにゆかりの深い方々のインタビューや、過去のCM作品をご覧いただけます。詳しくは、プロフィール欄からリンクをご覧ください。

#そうだ京都行こう


37

そうだ京都行こう

そうだ 京都、行こう。SINCE1993
2015年夏 #下鴨神社

過去の場所から未来を想像する。
この町は、そんなふうにできている。
.
25年間このキャンペーンをずっと担当しているコピーライターの太田恵美さんにコメントをもらいました。
「このコピーの他にも、2011年夏の東本願寺のポスターには『この町の過去は、君たちの未来のためにあるのだよ。』と書き、2018年春の勧修寺には『私たちも、美しい過去になれるといいけれど。』という一節があります。どうやら、私自身が、自分は長い日本の歴史の中でたまたまこの数十年を生きているにすぎない、と自覚することが次第に多くなりました。そうして次世代の人を想う。それは多分、歳のせいばかりではなく、25年京都に通い続けてきたせいだと思うのです。」
#そうだ京都行こう #京都の旅 #京都 #kyoto


12

そうだ京都行こう

そうだ 京都、行こう。SINCE1993
2009年初春 #北野天満宮
「みんなどうか元気で」と思う人で、
この季節、
この町はできているみたいだ。
.
25年間このキャンペーンをずっと担当しているコピーライターの太田恵美さんにコメントをもらいました。
「このCMのナレーター長塚京三さんは、この仕事がきっかけで京都をよく旅するようになったとおっしゃっていて、年末年始を京都で過ごすことも多いそうです。そういえば、めったに寺社仏閣に足を運ばないという京都人も、さすがにお正月は近くの神社にお参りに行く。そこに旅人が加わった風景は、ただ賑わっているという以上に、どの顔も笑っていていつもにはない温かい空気が充満しているように思えます。いい気配がいい風景をつくる、ということなのでしょうか。」
#そうだ京都行こう #京都の旅 #京都 #kyoto


13

そうだ京都行こう

そうだ 京都、行こう。SINCE1993
2007年春 #上賀茂神社

春のない国には、
わたし、住めないかも。
.
25年間このキャンペーンをずっと担当しているコピーライターの太田恵美さんにコメントをもらいました。
「年のスタートは、暦でいえばもちろん1月。けれど、この国の学校や会社は春がスタートというところが多い。海外は秋だったりするのに、これはもしかして桜と関係があるのか。そんな勝手な妄想してしまうほど、この町の桜の風景には圧倒的な力があります。様々な桜が、様々な線や面や空間をつくりだす。例えば賀茂川の堤の風景は、目を細めると桜色の幅広の帯がずっと続くような、と形容したくなりました。『地球に、ポッと桜色になっているところがあるとしたら、、、京都です。』これは1995年の春のコピーでした。」
#そうだ京都行こう #京都の旅 #京都 #kyoto


13

そうだ京都行こう

そうだ 京都、行こう。SINCE1993
1998年初夏 #大徳寺黄梅院

そこは、四畳半の喫茶店でした。
余計なものが、ひとつもないんです。
だから、相手のことを、考えるしかなくなりました。

たったお茶一杯で、
人間関係のコツ教わりました。
.
25年間このキャンペーンをずっと担当しているコピーライターの太田恵美さんにコメントをもらいました。
「有名寺院は塔頭(たっちゅう)にあり、とつくづく思わされるのが大徳寺。この塔頭で言えばお茶室。というわけで、お茶を辿ってみたら、茶葉は中国から仏教とともに『薬』として持ち込まれ、『喫茶』という言葉も中国からやってきたのだそうです。『お茶でも、どうですか』と喫茶店に誘う行為が、だんぜん善行に思えるから不思議です。ただ、喫茶の意味がわかった後は、街で『純喫茶』と掲げているお店を見ると、どうしてもツッコミを入れたくなって困りました。」
#そうだ京都行こう #京都の旅 #京都 #kyoto


7

そうだ京都行こう

そうだ 京都、行こう。SINCE1993
1997年初夏 #詩仙堂
「ある日突然、戦うのがイヤになりました。
花や虫たちと、暮らすことにしました」

・・・・・・と戦国時代の武将、
石川丈山はこの庭を作ったそうです。
.
25年間このキャンペーンをずっと担当しているコピーライターの太田恵美さんにコメントをもらいました。
「京都には、『立派な』というより、『感じがいい』という形容詞が似合うお寺がたくさんあります。ここもそう。歴女ではないので、石川丈山という人を初めて知りました。わかったのは、家康に仕えた名うての武将で、関ヶ原の合戦や大坂の陣で名を馳せたものの、その後なぜか姿を消し、やがてこの庵で隠遁生活を始めたということ。24時間働けますか?と問われて熱くなる一方で、ドロップアウトにもあこがれる。働く者たちのマインドは、いつの時代も変わらない?」
#そうだ京都行こう #京都の旅 #京都 #kyoto


11